こだわりのブランド フェリージ

フェリージのこだわりは、現在もイタリアのフェラーラ地方にある革工房で50人を超える熟練された職人さんが製品ひとつひとつを丁寧に最初から最後まで手作業で行って、手作りの温もりを伝えているところです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

フェリージの革について(エナメル革)

フェリージのバッグというとどういう素材のものを思い浮かべるでしょうか? 例えば革とナイロンを組み合わせたもの、皮とキャンバス地を組み合わせたものなどが定番だと思います。
その組み合わせの中にエナメルを使っているものがあるってご存知でしょうか? 正式にはエナメル革というものを使用していて、欧米の方ではパテントレザーという名称で呼ばれているそうです。
どういう加工をしてエナメル感を出しているかというと、使用する革に下塗りとして塗料を塗り、次にウレタンの樹脂、そのあと乾燥という工程を何回か繰り返していくうちに光沢を出すことができエナメル加工になるようです。
天然素材の革のみを使用しているというわけではなく、加工をしているので使い込むたびに味が出てくるという風合いのようなものはありませんが、耐久性、防水性にとても優れているという利点があるようです。
エナメル加工というとちょっと固いのかな?と思う人もいると思いますが、長時間かけて上質の革を丁寧に加工とかしていくのでとても柔らかくて艶がある仕上がりになっているので心配しなくても大丈夫だと思います。
このエナメル革を使用している製品には、バッグやブリーフケース財布など色々なものがあります。
どれも派手すぎずに落ち着いた印象のものに仕上がっています。
その点はさすがフェリージといったところでしょうか。
おしゃれなビジネスマンの方でこのエナメル革のフェリージのバッグを持っていたとしたらちょっと見直すかもしれませんね。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。